「4次元球面」というものについて

 これから、「4次元」の先の「5次元」について述べていきます。「5次元」は、『次元観察子ψ5』が分かると見えてくるようになるものです。
 オコツトは「5次元対称性」というのがあり、人間の意識が『次元観察子ψ5』に入ると「5次元対称性」というものが見えてくるようになると言いました。
 この「5次元対称性」については、コウセンさんは、最近、言及しなくなってきましたが、ここでこれについて言及してみます。
 
 「5次元対称性」について説明をする前に、まず、「4次元球面」というものについて知っておく必要があります。
 まず、4次元を見ている状態を意識してみます。

 先程も出てきた、「4次元目の軸を発見するための図」です。
 この図に描かれている立方体を、「平面」として捉えるように見ます。

 そして、それを回転させます。

 この時に、「4次元目の軸」を回転させた時にできる平面が、「4次元平面」ということができます。
 これは、4次元が平面の形に落とし込まれていて、4次元より一つ上の視野がそれを見ている状態、ということになります。

 こんどは、その「4次元平面」を丸めてみます。

 この時にできる球が、「4次元球面」ということになります。

 これが見えている位置に「±∞」という、「前」の無限遠点と「後ろ」の無限遠点を繋げた場所があり、そこに『次元観察子ψ5』があります。
 この時の「4次元目の軸」は、回転によって無数化してます。