「主体」と「客体」の等化

 これまで、『次元観察子ψ3』と『次元観察子ψ4』、『人間の外面』と『人間の内面』についてやってきました。
 次はその『等化』の話になります。
 これは、『次元観察子ψ3』と『次元観察子ψ4』の『等化』により、『次元観察子ψ5』を見出す話になり、『主体』と『客体』の『等化』をする話でもあります。
 こうして、意識が『次元観察子ψ5』に入ることを、『位置の等化』といいます。

 この『等化』は、『主体』のある「前側」と、『客体』のある「後側」のバランスを取ることにもあたるので、
 これまで培ってきた、『人間の外面』の感覚と、『人間の内面』の感覚を、バランスよく扱うことにもなります。