「次元観察子ψ3」を発見するためのヒント

 さぁ、いよいよ、ヌーソロジー的な高次元参入において、一番始めの関門にあたる、『次元観察子ψ3』の発見の話です。
 ここで、「4次元空間」というものとも関わることになります。

 『次元観察子ψ3』というのは、単純に考えると、『次元観察子ψ1』と『次元観察子ψ2』を『等化』することによって見出すことができる領域です。そして、この『等化』するということは、『ミクロ』(ψ1)と『マクロ』(ψ2)を、「対照的な方向」として把握…つまり、オモテとウラの関係のように把握することが必要になります。
 このことについて、オコツトは以下のように述べました。



・『人間の内面』(ψ1とψ2)においては無限小(ミクロ)と無限大(マクロ)を対照的な方向として把握することは決して出来ません。これらの描像のためには『人間の外面』にある無限遠点を発見することが必要です。
―――
シリウスファイル:19910512



 ここで、『次元観察子ψ3』を発見するためのヒントを列挙すると、以下のようになります。
 ・『ミクロ』と『マクロ』を『等化』することで『次元観察子ψ3』が見える。
 ・また、それは『時間』と『空間』の『等化』でもある。
 ・それらの『等化』の為には、「無限遠点」という場所の発見が必要である。
 ・『主体』というのが「無限遠点」の場所にある。
 ・「無限遠点」は「4次元空間」にある。
 ・『主体』が『次元観察子ψ3』を構成している。
 ・また、「4次元空間」が
『人間の外面』であるので、『主体』は『人間の外面』にある。
 ・「無限遠点」の発見は、光速度の視野が必要である。


 まず、「『ミクロ』と『マクロ』が『等化』している」ということは、その視点においては、大きさや距離というものは、ほとんど無いも同然のものとなるということです。
 その為には、「無限遠点」というものを発見する必要があるわけです。もし、「無限遠点」から世界を見ることができれば、あらゆるものは距離が関係なくなっていきます。
 例えば、あらゆる距離を「∞」と比較して捉えるので、「1/∞」も「2/∞」も「n/∞」も同様に「≒0」となるような捉え方が起きるようになります。

 そして、その「無限遠点」というものは、「4次元空間」という場にあるというのが、オコツトの述べたことです。
 よって、これらを行うには、「4次元空間」を認識する、「4次元認識」というものが必要であり、それが、『次元観察子ψ3』の発見に必要となります。