「トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム・オマージュ」とは何か?

 書籍「2013:人類が神を見る日 [advanced edition] or [degita edition] 」には、トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム」という章があります。
 これは、1997年に刊行された書籍「2013:人類が神を見る日」に対して、2008年にコウセンさんが新たに書き足した章で、文字通り「トランスフォーマー」…つまり、『変換人』になるための基礎的なことを中心に書かれた内容です。『変換人型ゲシュタルト』を身につけるための手引き書ということで、主に『次元観察子ψ1〜ψ8』あたりの具体的な解説を行っています。
 この章は、先ほども述べた通り、『次元観察子』の初期の辺りを学ぶのに、書籍化されている中では、最有力とも言えるような箇所だと思います。

 このページの「トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム・オマージュ」では、それに影響されたように、ヌーソロジーの本論の実践的な入門部分でもある、『次元観察子』の初期の方(ψ1〜ψ5)の具体的解説を行っていきます

※『変換人』レクチャーの入門部分にもあたる「4次元認識」や「反転認識」に関わる所は、
  電子書籍『4次元思想とフラットランド』にてより詳しく、丁寧に説明しています。