「オコツト前夜」について

 さて、コウセンさんが1989年にチャネリングをし、オコツトから情報を受信し、ヌーソロジーの発端となった・・・というのがこれまでのストーリーとなります。
 しかし、これは2011年ぐらいまで書籍として公開されていた公式の情報にあたりますが、2012年になってから、
『オコツト前夜』と呼ばれるチャネリング現象が、オコツト受信以前の1985年に、コウセンさんの身に起きたということが明かされました。

 それは、1985年頃の話、当時のコウセンさんはミュージシャンとして活躍を目指すために上京していたとのことですが、その時に、母親が危篤の状態にあるという連絡を受け、急遽、地元である博多に帰ることになりました。
 そして、実家に帰ったコウセンがその時に目撃したのは・・・・・・、なんとコウセンさんのお兄さんとお姉さんが何やら怪しげな動きをしていてチャネリングをしているという現象でした。
 この時、コウセンさんのお兄さんがチャネリングをしていたのは『オリオンのノミ艦長』と呼ばれる存在であり、次第にそこから、書籍「2013:人類が神を見る日」にも書かれているように、タキオン・エネルギーに関する研究へと発展することになります。
 
 そして、『ノミ艦長』のいる『オリオン』の勢力による治癒力の助けで母親の病気(末期がん)が奇跡的に治ったり、コウセンさんが自身の兄との活動と関わるようになったり、色々あった末、その『オリオンのノミ艦長』によるチャネリングが、コウセンさんの所にも来るようになりました。
 そこでまた色々なテストや試練を受けることになり、宇宙の霊的な光景とでもいったような、とてつもないビジョンなどを見ることになっていったそうですが・・・その最終段階に到達していった末に発狂することとなり、機動隊に押さえつけられて捕まった挙句、精神病院に格納されることになりました。(1ヶ月後には何事もなく退院した。)

・・・ということなど、とてつもないエピソードがコウセンさん自身によって語られるようになりました。
 以上のことの詳しい内容は、 「2013:人類が神を見る日 [degital edition]」に付属している「メモリアルレクチャー」 のDVDにて説明されています。
 
 ヌーソロジーの誕生には、冥王星のオコツトとの体験だけでなく、それ以前にあったもう一回のチャネリング体験も、背景にあるということになります。