「ヌース理論」から「ヌーソロジー」に

 こうして、コウセンさんは、オコツトから得た膨大な情報を、『シリウスファイル』というものに記録していき、解読してきたというわけになります。
 そして、その中から、理論として打ち出せるようにまとめたものを、『ノウス(NOOS)』というオコツトの提示した用語と、ギリシャ語で宇宙的知性を表す「ヌース(NOUS)」という言葉から、『ヌース理論』と名付け、大々的に扱うことにしました。
 それが、後々、2008年頃、「理論」という名前が付いていることに無理を感じ、「〜学」という意味を持つ「logy」という言葉を使って、『ヌーソロジー(Noosology)』へと、名を改めることにしました。

 よって、『ヌーソロジー』とは、元々はオコツトの情報によってもたらされたものを、コウセンさんによってまとめられた宇宙論、思想体系のことを言い、また、オコツトの目指している方向性のものや、『NOOS』を探求していく試みだということになります。