==太上老君に捧ぐ=


 「ヌーソロジー」とは、「半田広宣」という人が提唱した、チャネリングソース「オコツト」の情報が元になった宇宙論。・・・であるが、ここで、古代中国の思想家「老子」について述べる。

 「老子」とは、古代中国で「孔子」「荘子」「孟子」などと並んで有名な思想家である。中国3大宗教に「儒教」「仏教」「道教」があるが、そのうちの「道教」の元となった人物である。
 「老子」の出生については謎が多いが、一説によると紀元前6世紀頃に存在していたのではないかと言われている。「老子」は、『道(タオ)』と呼ぶものを真理として定め、独自の思想を説き、自分の思想を書物にまとめて残した後、何処かへと去っていったと伝えられている。
 後に、「荘子」という思想家が、「老子」の考え方を誰よりもよく理解し、新たな視点から「老子」の思想を広めるべく活躍した。こうして、「老子」と「荘子」の思想は合わせて「老荘思想」と呼ばれるようになる。
 さらに後世の人がそれを元に作った宗教が「道教」である。「道教」は仙人を目指すことを主とする宗教であり、純粋な「老荘思想」とはいくらか異なるが、「道教」においては、「老子」は神格化され、神様のように扱われている。

 たまに見かけるであろう上記のマークも、「陰陽魚」といって、老子の説いた陰と陽の交わりを表現している。別名で「陰陽太極図」とも呼ばれ、ほとんどこれは、老子の教えの象徴ともいえるので、「道教」のシンボルとなっているものである。


 さて、老子の思想の内容についてであるが…、昔から、世間一般的で普通な教えというのは、以下のようなものではないかと思う。
(『マンガ 老荘の思想より』引用)  

人は強くなくてはいけない、弱くてはダメだ!
人は賢くなくてはいけない、バカではダメだ!

 しかし、老子の教えはこのような感じだった。

人は弱くなくてはならない、強くてはダメじゃ!
人はバカでなくてはならない、賢くてはダメだ!
人は無為無我無欲でなくてはならないし、優位に立たず、自然でなくてはならない・・・

 これは、自分が中学2年生の頃に出会った言葉だったけれど、今思えば、これが自分の思想探求の道の原点にあったように思う。
 強いものは折れやすく、柔らかいものは保たれる。老子は、柔弱であることの意義を説いた。代表的なものとしては『上善水の如し』という言葉があり、最も尊いものは、水のように下へ下へと落ちる性質や、器によって変化する性質を持つということを説いた。
 もし、成功したい場合は、すべての智力と精神力を一点にしぼり、そのほかのときはバカでいる方が良い。何もかも賢くあろうとしてはいけない。
 弱ければ争いに巻きこまれることもなく、愚かであれば、華やかさに惑わされず実質をとる。すべては自然のなすままに・・・
 そうした自然の道理、強と弱、愚と智、有と無、陰と陽の織りなす自然の真理を『道(タオ)』と呼び、自然の道理に適った、柔弱な生き方をすることが『道(タオ)』を守って生きることにあたる。
 『道(タオ)』の働きについてや、『道(タオ)』を守って生きることの意義について説くのが、老子の思想である。

 自分は決して、学生時代は優れた能力を持っていた方ではない人間だったが、こうした思想を支えにして生きていたような気がする。

 老子の思想は、東洋思想の究極形とも言えるものであり、東洋全体にも通じている。インドの仏教でも似たようなことが述べられており、日本の神道でも似たようなことが述べられている。
 また、西洋でも、ユダヤ教神秘主義の「カバラ」においての「神」や、キリスト教グノーシス主義における「キリスト」も、実はその本性はこの老子の態度に近いものである。西洋魔術の世界でも、こうした東洋思想が注目されることがある。センスのある西洋人は、皆、東洋の神秘に惹かれていた。

 下へ下へと下っていく態度を取るようにし、それでいて特別な力を身につけつつ生きるようにする。そうして、老子の言う『道(タオ)』を守って生きることにより、「心」が充足するようになり、「自分自身」が充足するようになる。「自分自身」が充足すると、それを他人に分け与えることも出来る。
 これは、これからの時代に必要な考え方なのではないか?と思う。
 向上する心が「徳」。従うべき道理が「道」。合わせて「道徳」であり、これが人間の生き方を意味している。

 そうした、老子の思想だが、老子の述べていることは、自分はどこまでも正しいように思えた。しかし、同時に、どこまでも脆いようにも思えた。
 柔弱な思想と、世の中を生き抜く思想というのが、噛み合わないのである。これは、人間の世の中は「物質」で出来ているので、「言葉」や「目に見えるもの」が重要視されるという性質があるからだと思う。
 この「差異」を埋めるにはどうすれば良いのか?
 ずっとそのテーマを考え続けていたような気がする。

 自分の昔からの武器は数学だった。
 そして、数学を用いてその差異を埋めるために行き着いたのが、「ヌーソロジー」だった気がする。

 「老子」が『道(タオ)』を守って生きると言っていることは、ほとんどそのまま、「ヌーソロジー」で『奇数系観察子』と呼ばれるものを先手とし続けることに通じている。
 加えて、「ヌーソロジー」では、より具体的で、物質世界にも根付いた思想を展開している。

 先ほども言った通り、老子の思想は、これからの時代に必要な思想だと思う。その思想を現代に蘇らせ、世の中が作る閉塞感を打ち破るためにも、ヌーソロジーについて述べていこうと思う。