惑星

 
K:惑星とは何ですか
O:位置の転換が行われるための性質を作り出すもの

K:太陽系の精神におけるはたらきについて教えて下さい。
O:
〜太陽〜
精神の等化を行うところ。人間の意識の方向性を作り出すところ。
無核質の内面に反映されたもの。

〜水星〜
精神の方因をもたらす中性の力。
進化の方向に反映された力の上次元作用。

〜金星〜
融和化を行う力。
進化の方向に精神を換えるところ。

〜地球〜
力の対化。
精神そのもの。

〜火星〜
精神の内面に融和をもたらすために精神を付帯化する力。
人間の意識に反映を行うところに等化されたところ。

〜木星〜
定質に形質をもたらす力。
進化が、見えない部分に反映された力を内面に変換させ、付帯質と等化させ交差を行うところ。

〜土星〜
人間に性質をもたらすために変換させている力。
精神に変換を起こさせ、進化に方向を作り出すところ。

〜天王星〜
人間の最終構成における付帯質。
力の等化を行う部分。

〜海王星〜
精神の明確化をもたらしいく力。
定質に変換させる付帯質を持ちます。

〜冥王星〜
無核質に反映された力。
人間が反映をもたらす力に変換を行い、精神を総体化にもっていくところ。

K:太陽系の9つの惑星に人間が存在しているとおっしゃいましたが、それぞれ定質の違いにより違う方向性を持つ空間に存在しているのですね。
O:そうです。
K:では、それぞれの空間に違う太陽が存在するのですか。
O:いいえ、太陽はすべての惑星次元に交差しています。
K:見える大きさも同じですか。
O:多少の違いはあるでしょう。
K:では、それぞれの惑星次元の人間の意識が人の意識に進化した場合は、太陽の中で同じ次元を持って存在しているのですか。
O:そうです。

K:すべての惑星次元の人間の肉体は地球の人間と同じ形態をしているのですか。
O:同じです。最終構成が行われたときは、人間の意識に肉体を包括します。

K:惑星の軌道が真円ではなく楕円なのはなぜですか。
O:反対側の意識が方向性を持っているためです。

K:地球の地軸が傾いているのはなぜですか。
O:人間の意識を等化するための一つの負荷です。
地球の人間に対する力としては、地球は人間の内面性。
人間は地球の内面性の外面性。

K:では、太陽系についてお聞きします。太陽と金星の関係は。
O:対化としては同じですが、オリオンが反映しているものといないものに分かれます。
K:それは、金星が付帯質的な役割を果たしているということですか。
O:金星はオリオンにとっては付帯質そのものです。

K:金星と火星の関係は。
O:金星は火星の相対化に反映されます。

K:火星と土星の関係は。
O:重心に反映されたものの方向にあるものの関係。
重心が方向を持つものと持たないものの方向に反映されたものの関係。重心が方向を持つものの方向に反映されたものが火星。方向を持たない方向に反映されたものが土星。

K:土星とオリオンの関係は。
O:土星はオリオンの対化という言い方ができます。

K:土星と海王星の関係は。
O:力がお互いに反対にあります。

K:海王星と火星の関係は。
O:垂質が不確実に反映されたもの。垂質と垂質の上にあるものの関係性。

K:海王星と金星の関係は。
O:海王星と金星は全く別の次元に反映されるものですから答えが出てきません。

K:水星と地球の関係は。
O:力の対化と方向を持つものにおける力の対化。

K:地球と木星の関係は。
O:当体化をするために生み出された力が木星です。

K:木星と天王星の関係は。
O:オリオンの意識に反映されてわたくしには答えることができません。

K:天王星と冥王星の関係は。
O:位置の等化が生み出したものと等化を作り出すもの。

K:木星と冥王星の関係は。
O:垂質化した力に反映されたものとその力のもと。

K:地球と冥王星の関係は。
O:オリオンそのものとオリオンそのものによる対化。

K:水星と冥王星の関係は。
O:位置の等化が生み出されているものと生み出されていないもの。

K:水星と木星の関係は。
O:形質が生み出されていないものと形質が生み出したもの。

K:水星と海王星の関係は。
O:同性のものの意味です。

K:正4面体において太陽系の関係を表すことができますか。
O:できます。太陽はすべての面を交差します。4つの頂点は各々、土星、火星、金星、水星に対応します。地球はすべての面にある方向性。木星は容積、天王星は形線、海王星は角に当たります。冥王星は中心。
K:ということは垂心とは冥王星の中にあるのですか。
O:はい、そうです。

K:では、太陽より冥王星の方が次元が高いということになるのですか。
O:そういう意味ではありません。太陽も冥王星も次元は同じです。
K:精神が交替化されたものとされていないものの関係です。
O:太陽が交替化されたものということですね。

K:土星の輪とは。
O:広い次元に変換される一つの膜です。
土星の輪にあまり注意を引く必要はありません。
K:しかし、前に答えてくれなかったのはなぜですか。
O:人間があまりにも交替化を必要としているからです。
操作はできませんが精神が生み出しているものの答えはお答えすることができます。
 
K:金星の自転の方向が他の惑星群と全く逆なのはなぜですか。
O:最終構成の覚醒が行われているからではないでしょうか。
K:人間の最終構成の覚醒という意味ですか。
O:そうです。

K:冥王星の軌道が大きく傾いているのはなぜですか。
O:冥王星は人間の外面に常時、関与されているからだと思います。
K:その場合の人間とはすべての惑星次元の人間という意味ですか。
O:すべての当体です。

K:惑星の合とは何を意味するのですか。
O:カタチを作る内面が構成を持ったとき。

K:グランド・クロスとは。
O:覚醒の反映です。すべての交差を持ったものが生み出されるとき。正12面体。

K:日食とは。
O:調和を持ったときに生み出される力の反映。調和とはカタチと認識の等化。人間の止核的な次元と反止核的な次元。中和の状態(核質の内面)と統一化はあっても中和が全くない状態。新月と関係があります。反映と状態が対峙している。

K:月食は。
O:中和を持ったものが内面に働きを持っていく状態の反映。カタチ作る次元とカタチ作らない次元の反映。二つのものが内面から見えてくるときの力の反映。満月と関係がある。

K:満月とは。
O:中和の次元が付帯質としての力を表したときに生み出されるもの。形質の関与の方向性が全く逆のとき。

K:新月とは。
O:付帯質が次元交差を行う前の状態の反映。表相の等化が付帯質に入ったとき。

K:月食と満月の関係は。
O:索出です。カタチ作る次元とカタチ作らない次元に分ける方向に持っていく。
 
 
 
 
戻る