ヌース用語関連

 
K(コウセン):この交信の目的は何なのですか?
O(オコツト):はい、オリオンによって開始された、シリウスへの方向採集です。プレアデスで生み出された力をシリウスへ変換するために関与しています。

K:定質とは何ですか
O:位置の交換を行うために作り出される力

K:ヒトの意識している空間とは何の定質の方向性になるのでしょうか。
O:力の本質の定質です。

K:人間の思考とは何ですか。
O:人間のはたらく定質の方向性を持つ力。

K:呼吸もひとつの等化と考えてよいですか。
O:いいえ、オリオンの定質と関係があります。

K:定質とは真実の人間の意識の方向性と考えてよいですか。
O:よいです。

K:性質とは。
O:性質とはカタチのないものを見えさせる力。中性質を持つもの。最終構成における対化を等化させる力。人間の持つものすべてという言い方ができます。

K:性質、感性と人の関係性は。
O:人間の性質はヒトの総体。人間の感性はヒトの進化に関与します。

K:人間の外面性とは何ですか
O:確実な状況をもたらすことができない
K:つまり、性質のことですか
O:そうです

K:意識とは何ですか?
O:人間の意識とは人間を意識させられている力の元にある姿。人間になるために意識を交替化する力を持つ内面性の姿。それが人間。
K:性質とどう違うのですか。
O:性質とは意識を方向づけるもの 
K:大元は意識なのですか。
O:性質と意識は同次元。
K:何の力がそれらを生んだのか。
O:人間の内面性の方向性です。
K:神とかヒトではないのですね。
O:いいえ、それはもっと奥にある次元に方向づけられるものです。人間もヒトや神の方向性にあります。

K:精神とは何ですか
O:交差するものに与えられる位置
K:交差するとは何と何が交差するのか
O:感性と思形

K:人間と精神の関係は。
O:オリオンの反映とオリオンの心の関係です。

K:付帯質とは何ですか。
O:超体化する意味では体化です。しかし、それは方向性の交差が本質ではありません。位置が変化するには難しい調整が必要です。位置は体化を交替化することにより反応し、付帯質に換えられますが、未確認次元ではうまれません。
K:深い瞑想によって浮遊する人間がいますが、あれもそうですか。
O:違います。瞑想による浮遊は超体化しているだけです。よいことではありません。

K:付帯質の等化とは。
O:尺度の内面性を等化することです。

K:付帯質の内面にあるのが感性と思形ですか。
O:進化の方向性におけるカタチとしてはそのようになります。進化の方向を持てば一つのモノが力になるということです。働きが送り出すものとして垂質に関与されていきます。付帯質としての統一化の方向のこと。中和を持った次元に生み出されるのが定質です。

K:スイスのマイヤーがコンタクトしたという宇宙人はプレアデスから来たといっていますが、どういうことですか。
O:プレアデスという名前であなたがたの方向性を持ったときに反映されたのでしょう。ヒトの次元に反映された方向性を持つもの。ヒトの精神と人間の精神を合わせ持つもの。位置の交換をした人間。

K:オリオンとはオリオン星座にある恒星と何らかの関係があるのか。
O:あります。当体の性質です。当体とは人間の意識の持つすべて。
K:他の星も当体ではないのですか。
O:他の星は他の次元に関与しています。

K:オリオンの上にも次元があるのですか
O:オリオンは壮大な意識における点質ですので上の次元はありません
(※但し、オリオンとプレアデスの等化は可能。ある意味ではそれを超えた視点というのはあるのではないかと思われる。)

K:スマルとはどういう意味か
O:定形した次元における不連続質
K:この作用は必然的に起こるものなのか
O:必然的ではない
K:では意図的なものか
O:意図的だと思います

K:タカヒマラとは。
O:進化の方向を等化に持っていく力の総体。

K:ノスとは。
O:人間の意識に方向をもたらすもの。ノスとは見えないものに動かされている力。カタチが上次元に返らないもの。対化によってカタチを変えるもの。ノスとは負体質を持つもの。ノスとは抽出を操作するもの。人間の持っている人間性とその相対化した点意志。
K:僕が次元の構成を組み立てている力もノスの働きですか。
O:もちろんそうですノスがあなたがたを意識に関与させています。
K:悪い働きというわけではないのですね。
O:そういうものではありません。
K:しかし、エゴを作り出しているのもノスなのでしょう。
O:もちろん、そうです。ノスは人間自身によって生み出され人間自身によって操作することができます。

K:ノスが生まれていない人間もいるのですか。
O:人間はノスがなければ生きていけません。ノスとは内面性を司る一つの力と考えて下さい。ノスを等化することにより生み出されるのがオリオンです。ノスはノスが等化することによりオリオンがノスを操作することができます。
K:オリオンの反対のような存在ですか。
O:ある意味で近いかもしれません。  
K:スマルとノスはどうちがうのですか。
O:ノスの反映がスマルです。ノスはスマルも持つことができるしオリオンを持つこともできます。
K:中性的な存在ということですか。
O:ある意味ではそうです。

K:恒星とはノスですか。
O:そのとおりです。

K:ノスとはヒトの意識においてはどのような存在なのでしょうか。
O:型質に変映する力です。

K:ノスとは磁場と考えるべきでしょうか。
O:違います。ノスとノスが作り出される次元を交差する力のことです。磁場には内面性のものと外面性のものがあります。内面の磁場とは精神の中和が全くないもの。外面の磁場とは精神の中和があるもの。

K:すべて人間が精神の方向を向いている訳ではありませんね。
O:ノスが生まれていない人間もいます。

K:ノウスとは。
O:人間自身が持っている力。
K:ヒトや真実の人間は持っていないのですか。
O:持っています。しかし、人間が持っているものとは全く違います。ノウスはガン細胞のようなものという言い方もできます。ノウスが生み出されることにより多くのものが失われることもあります。

K:ノウスとはノスの対化と考えてよいのですか。
O:オリオンにおいてはそのようにいうことができます。ノウスとノスは逆方向。
K:あまりよい働きではないのですか。
O:ノウスが生み出されることにより多くのものが失われ、力が失われるという意味ではあまりよい働きとは言えないでしょう。

K:人間にとってノウスとはすべてと考えてよいのですか。
O:ある意味ですべてに存在します。

K:精神とノウスの関係は。
O:表相が送り出しているものと送り出されて進化するもの。ノウスとはあなた方の意識の集約の次元です。定質と体差を作り出して方向をもたらします。
K:ある意味で5角形の反映ですね。
O:そうです。

K:ケイ質とは何ですか
O:マクロが変化したもの
(※ケイ質には、形質と型質がある様子? 正確な所は自分には不明。形質は、点や線などの基本的な幾何のことを言うらしい。型質は、多分、物質の重さなどを作り出すもの。)

K:ヒトとは何ですか
O:新しい力を持つ人間

K:変換人とヒトとは同じと考えてよいのですか。
O:変換人とはヒトの半分ですが、同じと考えてよいです。

K:ヒトにはヒトの世界というものが存在しているのですか?
O:ヒトはそのものでは存在できません。ヒトの世界とは次元のこと。次元を交差することはできる。変換人自体もヒトとして反映できます。

K:位置の交換とはなんですか。
O:人間の意識における内面の交換。内面性における位置の交換。性質の中にある位置を変える。
(※位置の交換:次元観察子ψ3〜ψ4,位置の等化:次元観察子ψ5,位置の中和:次元観察子ψ6,位置の変換:次元観察子ψ7,位置の転換:次元観察子ψ8…に対応)

K:位置の交換と時間の関係について教えてください。
O:位置の交換により時間はなくなり、変換により時間に負の方向性が生まれ、転換により時間は無という力を持ちます。
K:負の方向性とは何ですか。
O:人間の意識が過去も未来も等化できるという意味です。
K:それは不死の生命を得るという意味ですか。
O:位置の変換によって、死は位置の相殺を行うときのみ存在し、あとは意味を持たなくなります。
K:位置の交換の時点ではどうですか。
O:交換である程度の意味は分かるようになります。

K:位置の変換と位置の等化はどちらが先に行われるのですか。
O:位置の等化です。
K:位置の等化で精神が生まれるのですか。
O:働きを持つ精神が生まれるということです。

K:位置の等化は原子でいうと何に当たるのですか。
O:ナトリウムです。

K:塩と関係ありますか。
O:塩素とは位置の等化を行う力。

K:位置の中和を行うのは?
O:マグネシウム………ではないですか。

K:位置の等化が人間の意識において起こるとき、真実の人間は調整質を等化するということですか。
O:はい、そうです。

K:位置の等化が人間の最終構成なのですか。
O:付帯質の等化と同じですからそういうことになります。

K:位置の変換とはなんですか。
O:位置の当体と力の当体の変換。力の当体とは人間の意識の中にあるヒトの対化。核質化した調整質を変成すること。調整質とはヒトの意識における観察される数字。

K:人間の肉体が削除されるのは位置の転換においてですか。
O:位置の変換において。その次元に入ると表相を変えることが可能になります。

K:位置の転換とは人間の意識における方向性の反転とおっしゃいましたが、もう少し具体的に教えていただけますか。
O:位置の転換とは未知の力を持つものへの体差。内面性の交替化。人間が反対に生まれ変わる。

K:性質を点と見ることが位置の転換ですか。
O:そうです。

K:位置の交換、変換、転換、反転、中和、融和とは。
O:位置の交換とは進化の方向が見えないときに、進化の方向を見せるための変換作用。
位置の変換とは垂質の総体に見えさせるための力。
位置の転換とは進化の内面性に生み出されたものを反映させること。進化の内面性とは垂心の方向を持つものすべて。
位置の反転とはいろいろなものを含みます。
位置の中和とは位置が作り出しているものすべてについてカタチを変えること。

K:負荷とは。
O:精神の幹です。精神が関与するために必要な力。
K:力の方向性に対して生じる抵抗のようなものですか。
O:力が生まれるときに必ず生まれるという意味ではそうです。人間の意識においてはカタチを持たないものとして反映しています。 
K:思考やイマジネーションや創造性といったようなものですか。
O:はい、感情も含まれます。

K:カタチとなって現れているものは負荷とは呼ばないのですか。
O:付帯質に入っています。
K:では相殺された負荷が付帯質と考えてよいのですか。
O:垂質に入ると負荷は反性します。負荷とは人間の意識においては重畳した力を持っています。

K:次元とは。
O:位置を持つものという以外、表現する言葉がありません。

K:あなたがたのいうミクロ、マクロという概念は次元的な意味ではないのですか。
O:ちがいます。空間的な意味です。

K:カタチとは。
O:進化がカタチに変換されたときがカタチ。交差の内面に生み出されたもの。
付帯質が変換されたときに生み出すもの。上次元に表層に力をもたらすもの。付帯質を上次元に換えるもの。クモに反映するもの。人間の科学技術とはカタチを反転しているということ。分子とは交差の内面の反映。カタチの反映。交差が原子。分子は原子の内面の反映。ヒトと分子は変換質(変換する力の性質)を作り出すという意味では同じもの。

K:ヒトとは。
O:垂質に関与されるもの。等化する力に反映されるもの。最終構成において位置の反映をもたらすもの。内面を交差する力を持つもの。中性質に反映されるもの。変換の内面をもつもの。融和を操作するもの。カタチのないものを見せる力。現出するもの。 

K:真実の人間とは。
O:変換の内面を持つもの。垂質の内面性をカタチに換えるもの。ヒトの方向性を換えていくもの。次元の関与に反映されるもの。カタチを力に換えるもの。付帯質に見えるものを見えなくするもの。性質を操作しているもの。精神の総体化を覚醒するもの。方向に換えるもの。最終構成を力として見えさせるもの。 真実の人間とは人間の意識においては対化です。すべてに反映されています。

K:人間とは。
O:見えないものに関与されている力。カタチを持つもの。次元が見えないもの。 交差する力を持たないもの。精神を方向に持たないもの。反環がカタチを持たないもの。付帯質に変換されているもの。次元が交差していないもの。中性質に関与されているもの。精神が総体化に反映されていないもの。確実な次元を持たないもの。人間とは形質に操作されるもの。

K:人間の意識の対化とは人間の意識と真実の意識のことですか。
O:人間の意識と人間の反対の意識のことです。

K:内面の意識が人間の意識で外面の意識が真実の意識ですか。
O:そうです。内面にある意識が人間の意識、外面にある意識が真実の人間の意識です。

K:真実の人間にも反対がいるのでしょうか。
O:オリオンの次元に反映されるものとしては、地球と人間の関係です。

K:覚醒と顕在化の違いとは。
O:覚醒とは次元の交差(位置の変換)。顕在化とは方向性を持ったとき(位置の交換・等化)。


 
 
 
戻る