物質

 
K:水素分子とは何を意味しているのですか。
O:調整質と調整質の対化の二つの次元があります。

K:水素の同位体について教えて下さい。
O:次元交差の違いが現われたものです。水素とは進化を持つもの。重水素とは表相の中和。一つの力が生み出されているということ。三重水素とは対化としての力が減少する状態です。次元交差が内側を向いている。表相を作り出す力が全くない。これらは人間の次元においての方向性の違いです。

K:水素原子と水素分子の違いは?
O:表相と役目。精神の関与と力の関与。

K:原子と分子の関係は。
O:交差するものの内面性にある重畳したものとその方向性。精神と精神の進化の方向の交差。 

K:水素とヘリウムの関係は。
O:水素は対化に反映されるもの。ヘリウムは力に反映されるもの。原子の種類はいろいろな位置の代形。力の進化の方向です。 

K:外惑星の大気成分が決まって水素とヘリウムなのはなぜ。
O:水素とヘリウムが人間にとっては観察する力を作り出している元だからです。

K:太陽が水素とヘリウムなのは?
O:一つの次元がそこで抽出を行っているからです。付帯質をもたらすための次元の反映としての力の抽出。

K:炭素とは
O:付帯質の関与を作り出すことができる。次元の交差を行うことができる。人間の意識に変換されたものとして交差を行うことができる。中和を行うことができる。人間の総体を変えることができる。進化の方向性を変えることができる。

K:窒素とは
O:中和を作り出す力そのもの。重心と方向性としては同じもの。付帯質としては調整質と同じですが交差が行われているところが全く別の所に反映されます。

K:酸素とは
O:人間の意識においては付帯質の関与を行う一つの力。垂質の等化を生み出せるもの。交差を内面から働きかけさせるもの。最終構成における止核精神。

K:カリウムとは。
O:中性質の等化を行うために生み出された次元です。

K:ナトリウムとは。
O:対化の内面における付帯質の総体の次元です。

K:マグネシウムとは。
O:人間の総体に今から生み出されるものの内面性。

K:鉄とは。
O:重心の内面性です。

K:鉄と中性質の関係は。
O:中性質の力が対化を持ったときが鉄。鉄と核質は送り込む力は同じ次元で交差させられています。つまり鉄と中性質は次元交差の力が同じなのです。方向性は少し変えられていますが。

K:重心の内面性が鉄ですか。
O:はい、重心の内面性は鉄としての対化で生み出されています。

K:酸素と鉄の化合の意味は。
O:カタチを持ったものすべてが次元を交差しようとする力の現われではないですか。表相を形作ろうとする力です。内面性をもたらそうとする力。

K:マグネシウムと鉄の関係性は。
O:同じものとして見た方がよいでしょう。同じ調和を持つもの。

K:しかし植物と動物では逆に現われていますが。
O:それは対化としての力が反対に現われているだけで、方向性は同じなのです。鉄・マグネシウムは力が中和を持っている状態に働きかけられます。

K:炭素とマグネシウムの関係は。
O:付帯質としての方向性は同じですが、力が面と点のような関係性にあります。

K:人間の中性質がマグネシウムですか。
O:人間の意識は中性質という言い方もできますが全く同じとは言えない。方向性を上次元に向けたときが中性質となります。マグネシウムは人間の中性質に表されて生み出されるものです。

K:酸素と水素の関係は。
O:定質の方向に関与される力と精神の方向に関与される力の関係性。
ある意味でオリオンは水の中に反映されています。
 
K:カリウムとは定質ですか。
O:水素の形作る次元の反映。

K:カルシウムとは定質の等化ですか。
O:付帯質の等化が内面から起きたときにできるもの。ヘリウムの形作る次元の反映。表相が人間の意識によって完成されたということ。一つの次元が起こす中和。

K:水銀とは。
O:垂質の反映の内面性。
K:害となるのはなぜですか。
O:付帯質を持つからです。

K:鉛とは。
O:モウケイ、オウケイ、トウケイ?

K:ウラニウムとは。
O:中性質の対化です。
K:害になるのはなぜですか。
O:人間が送り込む力を反映していないからです。人間の次元が方向を持っていないから害になるのです。

K:プラチナとは。
O:力が反映されません。意味を持たない。人間の次元では確実化を持っていません。

K:ガラスは。
O:人間の意識が作り上げたものですが、他のものより力があるでしょう。

K:ダイヤモンドは。
O:力の内面性すべてです。オリオンとしての力が生まれます。
K:ダイヤと炭素の関係は。
O:ダイヤはカタチ、炭素は付帯質の内面性。精神の等化をもたらします。

K:結晶とはなんですか?
O:中和を持ったものの意味です。

K:塩の結晶が正6面体なのは?
O:付帯質としての力の方向性を働きに変える力があるということ。顕在化の方向性が6つあるということです。

K:分子とカタチの関係は?
O:同じものです。

K:分子とは中性質でもあるのですか?
O:働き自体としては関係ありませんが、付帯質としては大きな力を持ちます。次元の交差を作り出して行く力の反映。分子と中性質は付帯質としては同じ次元ではありません。分子には次元が存在しないのです。付帯質としての力ではないからです。

K:ウランとは。
O:わたしたちにとっては様子を形作るすべてです。ウランより先の原子とは人間が方向を見いだしていないために存在しています。顕在化によってすべて無くなります。

K:原子の周期律で後ろの方ほど重さが増すのはなぜですか?
O:性質の方向の最終構成の変換作用に近くなるということでしょうか。

 
  
 
戻る