幾何

 
K:空間とは
O:位置のない変化層
K:位置とは何ですか
O:停止するべき力の持つ言葉

K:空間と時間の関係とは
O:時間と空間は同時に存在していない。時間は空間を越えている。
K:空間は時間の属性になる訳ですか
O:時間は空間より総てにおいて正質(正当な質?)
空間は時間に於けるもとになる質

K:球とは
O:真実の意識における点

K:正三角形とは
O:交差する力を持つ方向

K:直線とは
O:確実なものにおける中和

K:五茫星とは何ですか。
O:位置の開花を意味します。 位置が性質を作り出す方向性です。

K:五角形との関係は
O:力が満開することです。

K:黄金分割の持つ意味は
O:中和です。

K:六茫星の意味は
O:まだ、お答えすることはできません

K:篭、篭、篭の中の鳥はいつ、いつ、出ある夜明けの晩に鶴と亀がすべったうしろの正面だあれ これは古来より日本各地につたわる童歌です。僕の解釈では「篭の中の鳥」とは今の人間、「夜明けの晩」とは人間が位置の反転により覚醒する前夜、つまり今の時代、そして、鶴とは女性原理、亀とは男性原理、「すべった」とは反転すること、うしろの正面とはまさに「ヒト」のことをシンボライズしていると思うのですが、カゴメとは何を表しているのでしょうか。
O:人間が人間の意識を交差する現象 中性質があるということです

K:円運動とは何を意味するのですか
O:膜を作る
K:何の膜ですか
O:位置を変えていくことのできるものを作る膜

K:五茫星とは何ですか。
O:人間の意識におけるオリオンの意識を含まれるものすべて。
K:では、六茫星とは。
O:力の体表における道。中性質の操作をするもの。

K:光速度とは何を意味しているのですか。
O:反転する力。変換の内面。

K:黄金分割と円の関係は。
O:位置の等化が生み出される方向と一つの力。

K:円とは黄金分割を表していると考えてよいですか。
O:黄金分割が反映されたものという意味ではそうです。

K:黄金分割と正4面体の関係は。
O:有機体が変換されていく関係性です。

K:トーラス構造におけるラセンとは。
O:すべての意識の反映の等化です。

K:数学とは何ですか。
O:付帯質の方向を持つ次元の対化。

K:7とは有機体が生み出している集性といわれましたが、具体的に説明してもらえますか。
O:7とは人間がノウスを交差するための力の数。

K:円と球の関係は。
O:精神と対化の関係です。

K:円と、それに内接する三角形の関係は。
O:人間における対化と人間の意識。円が意識。対化が三角形。
K:円に内接する正方形とは人間、反対、地球、月と考えてよいですか。
O:そうですね。
K:性質、負荷、形質、付帯質という関係と考えてもよいですか。
O:よいです。

K:面と球の関係は。
O:カタチがあるものとないものの関係。カタチがあるもの面。ないものが球。
K:面と円は。
O:面とはカタチがあるもの。円はカタチがないものの方向を持つ反映。

K:6茫星とは重心のことですね。
O:そうです。重心はオリオンにとっては付帯質そのものなのです。

K:ユダヤと6茫星の関係は。
O:ユダヤという力は調整質を変える力があります。方向性をもたらすのです。

K:面と原子の関係性は?
O:面は対化。原子は定質の反映。

K:オリオンの対化と考えてもよいですか?
O:面とは調整質も反映されていますから、それでもよいでしょう。

K:カタチと面の関係は?
O:カタチは面の内面性にあるもの。カタチと面は対化として見つけ出せるもの。カタチが面に反映された力が方向性。両方とも垂質の等化が行われるもの。性質があるものがカタチ、ないものが面。カタチとは、ヒトの内面の真ん中。

K:プラトン立体とは。
O:新しく力をもたらすための一つの次元。 ( 次元を形作るための一つの次元 )
人間の意識が共性させています。鋏差する12、20面体が正4面体に覚醒されています。内面性から外面性への合反と外面性から内面性への合反です。

K:正6面体と正8面体を同じに見るための力が位置の変換ですか。
O:それは位置の変換の一つ上の次元です。そのときの力は塩素です。表相が共振を起こした後に起こります。

K:精神球とはひし形30面体のことですか。
O:ひし形30面体とは妙性質です。

K:では、正12面体が性質ですか?
O:性質そのものではありませんが、ほとんど同じ。性質によって働かされている力のことです。

K:20面体とは定質のことですか。
O:はい。

K:ひし形12面体とは。
O:対化自体の方向性の意味を働きに変えたもの。付帯質の等化の反映を意味します。

K:ベクトル平衡体とは。
O:人間の上次元への反映です。付帯質における対化の等化を意味します。精神の内面性。覚醒球を生み出すことに対応しています。

K:ベクトル平衡体とひし形12面体の関係は。
O:大きなものとしての方向性が同じ。対化自体としての力が方向性を見つけるためのすべての力として。対化の方向性がすべてに表れているということです。

 
  
 
戻る