星座

 
K:オリオン座とは。
O:人間の意識に反映された力の本質です。

K:さそり座とは。
O:芸術的なものをもたらす力の本質。
K:さそり座は芸術的な力を生み出す本質といわれましたが、あなた方の次元における芸術とは何ですか。
O:芸術とは精神の進化を作り出す力です。

K:おうし座とは。
O:本質に反映されたキカク質を持つもの。
K:キカク質とは。
O:マン性をもたらしていく力。
K:マン性とは。
O:多くの人々に平坦に形容することの意味。
K:平易に例えるということですか。
O:そのように解釈されてよろしいです。

K:うお座とは。
O:一つのものをもたらす外面性を等化する力を持つもの。
K:一つのものとは。
O:重心のことです。

K:いて座とは。
O:精神の方向性に力を向けさせるところ。

K:しし座とは。
O:カタチのないものをカタチに換える力を持ちます。

K:みずがめ座は。
O:人間の最終構成に位置を作り出すものです。

K:ふたご座は。
O:カタチの反映をもたらす精神作用。

K:てんびん座は。
O:精神を生み出す明解を持つところ。

K:おうし座は。
O:後世の対化をもたらす精神の反映を生み出すところ。

K:おひつじ座は。
O:性質の対化の等化をもたらす力。

K:おとめ座は。
O:形質の相殺をするところ。

K:やぎ座は。
O:重心に反映された力。

K:かに座は。
O:力の相殺を送り出すところ。

K:後世というのは精神の進化の方向を意味するのですね。
O:もちろん、そうですよ。
K:つまり、精神の進化は先に進んでいるものの、人間の次元ではそれを追い掛けるかたちで時間というものを意識しているということですね。
O:精神とは最終構成に反映された力ですから、そういう言い方もできますね。
K:つまり、この交信は未来からの働き掛けとも言えるわけですね。
O:ある意味ではそうですね。
K:同じく過去からとも言える。
O:そうですね。

K:うお座とは。
O:精神が生み出す前に生み出されたところ。
精神が関与をすることができない。

K:さそり座は。
O:負荷の対化をもたらすために生み出されるところ。

K:現在、オリオン座の中でかなりの星が誕生しつつあるのは何か意味があるのですか。
O:人間の意識が進化の方向を持ちはじめたということです。

K:古代の占星術において天王星、海王星、冥王星が含まれていないのはなぜですか。
O:的確な次元が関与されていなかったのではないですか。
K:しかし、占星術とは真実の人間の宇宙観が反映されたものではなかったのですか。
O:人間の対化としての方向がそのときには生まれていなかったということです。

K:では、われわれの次元に遺されている占星術とは。
O:方向的にはわたしたちと同じ方向にあるとは思いますが・・・・。
K:つまり、形骸化しているということですね。
O:そうですね、あなた方が占星術と呼んでいるものの本質は真実の人間の次元における科学と呼んでいいかもしれません。精神の進化を生み出す方法の体系です。

K:しかし、そのような次元のものがどのようにしてこの次元に伝達されたのでしょうか。
O:いろいろありますが、上次元の力が人間の意識に交差しているからでしょう。
K:ヒトということですか。
O:ヒトも含みます。
K:では、真実の人間がこの次元に実体化して人間に伝授したという意味ではありませんね。
O:それもあります。
K:真実の人間はこの次元で実体化することができるのですか。
O:実体化することは難しいとは思いますが、実体化したように見せることはできると思います。
K:ヒトは?
O:できます。
K:では、ヒトがこの次元で実体化したときにはどのように見えるのですか。
O:人間と同じです。

K:そのような関与は常に行われているのですか。
O:今は行われていません。
K:なぜ、今は行われていないのですか。
O:ヒトはあなた方の意識をコウカ(降下?)することができないでいます
K:なぜですか。古代はできていたのでしょう。
O:コウカとは対化に変換できないという意味ですが、人間の意識がカタチを見る方に入ってしまっているからです。
K:それはつまり反対の意識が生まれていないからと言い換えてもいいのですか。
O:その通りです。

K:星座のカタチは精神の方向と関係ありますか。
O:星座は精神ではなく、意識との関連が強い。

K:では、北斗7星とオリオンの関係は。
O:人間の意識が生み出したオリオンの対化です。オリオン座は星座の芯です。

K:北極星には意味があるのですか。
O:内面性をもたらすための力です。

K:進化の方向性に力を与えるものとは。
O:オリオンの内面性に生み出された力です。真実の地球。

 
 
 
戻る