ヌーソロジー基本概要

<はじめに>

★★※当ページは「Raimuのヌーソロジー入門」に統合されました。★★

半田広宣氏の提唱した、独自の宇宙論と呼べるもの、『ヌーソロジー』。
その『ヌーソロジー』の「基本概要」にあたる、基本的な用語と仕組みの説明を、一通りしていきます。

※続き→

<タカヒマラ・テンプレート>

ヌーソロジーの内容について

タカヒマラ全体像 〜 「オリオン」 「シリウス」 「プレアデス」 「スマル」 〜

流れる4つの力 〜 「定質」 「性質」 「反性質」 「反定質」 〜

「ノウス(NOOS)」と「ノス(NOS)」

人型イメージに囚われないこと


<ペンターブ・システム>

4つの基本因子 〜 「負荷」 「反映」 「等化」 「中和」 〜

5段階ベースのシステム

「等化」と「中和」についての補足

「精神」と「付帯質」。それから仏教用語


<13の観察子>

「観察子」とは?

「次元観察子ψ」について

「次元観察子」と原子との関係

他者側の「観察子」について

「大系観察子Ω」について

「大系観察子」に対応するミクロ物質

その他の「観察子」

「生命の樹」のセフィラーを使った説明

伝統カバラにおける、「生命の樹」の作られ方

「観察子」の惑星との対応


<高次の観察子について>

「人間・ヒト・真実の人間」についておさらい

「思形」と「感性」

観察子としての「定質」と「性質」

「観察精神」とその反映


<ヌーソロジー的「覚醒」について>

「顕在化」と「潜在化」

ヌーソロジー的「覚醒」とは?

「最終構成」について


<その他、重要事項>

「人間の外面」と「人間の内面」について

「人間型ゲシュタルト」、「変換人型ゲシュタルト」についてのおさらい

「融解作用」という悪

「迷化」について

「キアスム」について

これまでの用語のおさらい

ヌーソロジーをやる意義

まずは、「ψ1〜ψ5」のあたりから



**その他、本編外項目**

■今後の展望について

■ヌーソロジー文献など

■投稿フォーム